薪割りに使う道具といえば?斧派?鉈派?

レビュー

こんにちは、takaboyです。

今回は斧と鉈について書こうかなと思います。

というのも実はこの間デイキャンプをした時のこと。

格安で得た薪がとにかく燃えない。。

当日は雨が降った後。全体的にジトーッとした湿り気ムンムンの日だったためかと。

そこで薪を燃やせど燃やせど、火を着けど着けど、小枝を燃やせど燃やせど、

全く火が付く気配なし。

小割りにしないとダメか…ってことで斧か鉈ということです。

斧について

薪割りといえばまず思い浮かぶものが、斧。

画像はイメージです

斧は木を切るというよりも「割る」ことが目的となる道具です。

斧には洋斧、和斧とあります。

洋斧は硬い広葉樹を割ることに特化しており、パッカーンと割れます。

和斧は針葉樹を割るために特化しており、その分鋭さや刺さりやすさが特徴です。

と大まかに2つに分けられている中で、各社色々と種類があるようです。

ブランド、柄の長さ、ヘッドの重さなどを考えていると結局、

どの斧を買ったらいいの?

って話になります。

鉈について

もう一つ思い浮かぶものが、鉈。

画像はイメージです

鉈は斧とは違い、木を「切る」イメージです。

バトニングでカンカンしながら切っていくイメージが強いですが、

小回りがきく鉈は木の皮を剥いだり、枝をカットしたり、節をカットしたり。

鉈はナイフなどと同様に「両刃」「片刃」とあります。

両刃は木を割りやすく、丈夫。しかし木を平らにしたりする作業は苦手です。

片刃は両刃よりは食い込みにくく、刃もこぼれやすい。

しかし平らな作業は得意なので、クラフトには向いている。

どれもこれも一長一短。斧も鉈も使用する目的で選ぶのが良いですね。

個人的には斧をチョイス。

個人的にはやっぱり斧が使いたいなあと思うのですが、

とても沢山のブランド、種類があります。王道の3ブランドをご紹介。

GRANSFORS BRUKS(グレンスフォシュブルーク)

スウェーデン産で歴史がある斧です。

箱出しからさっくりと切れる刃。持っているだけで所有欲が満たされる逸品ですね。

実際に商品の置いてある店舗に視察したところ、市販の薪を割るのに一番人気なのは

ウッドチョッパーというモデルのようです。

柄の長さは480㎜。斧頭は約1㎏。

なかなか重いです。

また薪割りユーザー曰く「グレンスが一番割りやすい斧」ということですよ。

chobio
chobio

完全に業務用レベル。原木丸太を割るならこれくらいは必要かもね。

Hultafors(ハルタホース)

こちらもスウェーデンの歴史のある斧です。

なんでも別会社を吸収しているようで、「ハスクバーナ」なども同じ流通ルートのようです。

higeo
higeo

Amazonとかではなぜか価格が違う謎…

流通モデルとは違うものが欲しい!て方にはクラシックモデルをお勧めします。

上記のグレンスと似たモデルですよね。

こちらは上位ルートになっているので、価格ももちろん上がりますが、

所有欲は満たされますね。あえての上位モデル。

グレンスまで届かないなあ、なんて人はお勧めです。

Husqvarna(ハスクバーナ)

一時期コスパの良さと人気ユーチューバーの使用などで、

大人気のハスクバーナ。こちらもスウェーデン産の歴史のある会社。

チェーンソーなどでも有名ですよね。

最近では結構値上がりしてて、ハスクバーナのコスパ性能を感じることはあまりありませんが…。

ハスクバーナとハルタホースのこのモデルは同じ流通なのでしょうね。

違いとしては、斧のテカリ具合でしょうか。

ハスクバーナは黒光りしているのに対し、ハルタホースは石っぽい無骨なイメージ。

値段もあまり変わらないですから、好みで選ぶと良いと思います。

結局衝動買いにて。ミニハチェット購入。

そんな悩みを続けていた時にポッと目の前に現れた斧がこちら。

ハルタホースクラシックミニハチェットです。

柄の長さは240㎜。斧頭500g。

思ってたより白い。重さはしっくりくる。

で、早速使ってみたんですが、

…全く割れませんでした。きっとコツとかがあるのでしょうが、あの斧の、

パカーンというイメージからは程遠いなんとも難しい斧でした。

ワンハンドで使用するこの斧は、はっきり言って薪割りには向いていません。

くれぐれも皆さん、薪割りをメインに考えているのであれば、

柄の長いものを選びましょう。

どうもキャンプで使用するベストサイズは380㎜ほどの斧らしいです。

これはもう別の斧を検討するしかない。

それでは!

Let’s go camping!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました