ペトロマックスをお出迎えして思ったこと

camp gear

こんにちは、takaboです!

最近になってキャンプをするYouTuber、いわゆる『キャンチューバー』を見はじめました。

意外と面白い。

意外と面白いぞ。

でも、カメラが回ってる違和感というか、

「え、たとえソロと言えどこんなに喋らないの?」

「めっちゃ静かにキャンプやるなあ。

って思っています笑

松坊栗男
松坊栗男

ちなみに最近面白いなと思った人はカブットTVです。

あのなんとも言えない雑な感じと方言訛りが、おもろい。


ペトロマックスとは

みんなの憧れ、ペトロマックス

ご存知の通り、『金ピカゴールドブラス製』『銀々ギラギラニッケル製』キャンプサイトにあれば大注目されること間違いなしの圧力式灯油ランタン、HK500です。

長年にわたり世界で最も知られている圧力式灯油ランタンです。

200 以上の細かなパーツから構成され、その美しく完成された姿は世界のランタン愛好家から絶大なる支持を得ています。

灯油独特のやさしい明りは人びとの心を和ませゆったりした夜の時間をお過ごしいただけます

スター商事

いやあ、かっこいいっす。

引用文ですらかっこいいっす。

現在はこの2種類ですが、艶消しシルバー色の『アーミー』だったり

小ぶりなHK150、HK350なんてのもありましたが

現在は廃盤となっています。

松坊栗男
松坊栗男

オークションやフリマなどで手に入ることは可能ですが、如何せん高価な取引になることは明確です。

圧力式灯油ランタンなので、ポンピングしてタンク内の灯油に圧力をかけるタイプです。

明かりをつけた後も適度にポンピングしないといけないので、

お世話してあげることが必要になるランタンです。

またブラス製は特に経年変化が出やすいので、育てていくことが好きなキャンパーの大好物ですね。

松坊栗男
松坊栗男

経年変化大好き!

しかし、昨日ちゃんと使えたのに今日使えない!

明かりが安定しない!など

動作不良が多いことでも有名です。まさに邪邪馬

そこも愛でるポイントだと思います。不自由を楽しむキャンパーはきっと。


ペトロマックス購入する!

と決めたのですが、しかしHK500はデカいんですよ。

ちょーっとデカいんです。

全長40センチですよ、40センチ。

ビンテージで有名なコールマン200A約30センチです。

この10センチが大きい

しかも500CPなので物凄い明るいんです。

松坊栗男
松坊栗男

500CP、つまりキャンドル500本分の明るさということですね…

ピンとこねえ!!

で、小ぶりなのものをと思い

思い切って某大手オークションにてHK150の購入を決意!

サイズ感がいい!(写真ではわかりづらいですね、比較するHK500は持ってないんです…)

全長29センチ

松坊栗男
松坊栗男

ちなみにsanzoku mountainの弓ショックじゃなくてもいい感じにぶら下ります。


点灯!

まずはともかく点灯!

点灯作業で注意すべき点は、プレヒートという作業です。

プレヒートはジェネレーターを温める作業で、これをしっかりしておかないと、

大炎上するんですって。怖いなあ。

松坊栗男
松坊栗男

詳しい点灯の仕方は検索してみてください。

個人的にペトロマックスのいいところは予熱バーナーがついているので、

わざわざアルコールを持ってくる必要はなく、燃料を無駄に用意する必要がないってこと。

燃料系は統一したい派なので、そこも購入に至る理由の一つです。

松坊栗男
松坊栗男

しかし、結局統一できず今に至る。

(ガス、ホワイトガソリン、灯油、アルコール、全部持っていく羽目になっています…)

で、こちらが点灯した様子。

輝かしい光沢と存在感

か、かっこいい

ひたすらかっこいい

150CPでも全然暗くない!というか500CPってどんだけ明るいんだっていう話ですよ。

松坊栗男
松坊栗男

夜に点灯作業を玄関前で行ったんですが、やるもんじゃないです。

めっちゃうるさい。


しかし、その翌日。

カッコ良かったこのペトロマックスHK150。

翌日にもつけて鑑賞してみようと思い、点灯!

…あれ。

…なんか明かりが暗くない

…なんかマントルが黒くない

早速不機嫌になり、上手く点灯しないということに。

調べてみると、

原因として考えられるのは下記の3点です。

・セラミックノズル・ガスチャンバーのゆるみによるガス漏れ

・ニップルのゆるみによるガス漏れ

・クリーニングニードルの折損

ノズル、ニップルの増し締めをして、ニードルが折れていないか確認してください。

スター商事

ほうほう。

簡単じゃん!見てみよう!

なんかニードルでてなくね

原因はこれか!

ってことでニードル交換

付属のメンテナンスキット?でガチャガチャとやって交換完了!

出典:スター商事
松坊栗男
松坊栗男

ニードルってすごい細いのよなあ。

公式ほどしっかり出てはないけど、多分オッケー!…だったんだけどなあ

マントルずっと黒い。

黒いままだ。

なぜだ…

結局その日は原因わからず心が折れてしまいました。

松坊栗男
松坊栗男

マントルが黒くなる理由としては、燃料漏れらしい。

気化しない灯油が燃えてるらしい。


ということで、今回はペトロマックスHK150の購入から点灯までを記録しました。

ペトロマックスをお出迎えして思ったことは、

存在感はHK150でも十分!HK500だとどれだけ明るいんだ!ということ。
でも現状販売されているのはHK500であり、故障メンテナンスを行う場合どうしても球数の少ないHK150は何かと不便!
そして参考にできそうな記事がネットにも少なくなかなかに向き合うのが大変!

です。とにかく原因追及を追及し、元気にしてやりたいですねえ。

また進捗状況をお伝えしたいと思います。

それでは!

Let’s go camping!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました