何からする!?カーミットチェアカスタム!

custum

こんにちは、takaboyです。

天気の良い日に限って仕事。仕事が明ければ雨。そんなのなしでございます。

Instagramなどでキャンプしている方の写真を見て羨んでいるところです。

さて、今回は以前の記事でお伝えしたと思うのですが、

念願のカーミットチェアを購入したわけでありまして

そのカスタムをどこから着手していこうかというお話です。

chobio
chobio

新たな沼を突き進んでいく覚悟はできたかい?

スポンサーリンク

カスタムと言えど、たくさんある

カスタムといえど、たくさんあるようで、

座面から肘おき、足下や細部に至るパーツ…

あれやこれやと見てみると、たくさんあって迷いますね!

どれだけの諭吉が旅立っていくのか…

どのような物があるのか、悩んでいるものをご紹介。

座面編

座面はいわば椅子であることの象徴

であるからにして一番印象が変わってくるところであると思います。

現在は標準装備なので、カーミットオリジナル(1000デニールナイロン)のものがついていますが、

変更するならばまず有名なのがマイスターシート

NATURAL MOUNTAIN MONKEYS × BALLISTICS さんからの商品です。

座面と背面のシートがつながっているシートであり、隙間がないため腰やお尻への負担が軽くなるそうですね。

バリスターナイロンという通常のナイロンよりもかなり強度が上がったものを使用しており、その強度は3〜4倍だとか。

包み込まれる感じが良さそうだなあと思っています。

もう一つがレザーに張り替えです。

出典:Amazon(c&cph)

色々なブランドから出ていますが、漠然とレザーに張り替えたいという思いです。

やっぱりレザーっていい。経年変化がいい。何故か知らぬ間に革製品が増えていく不思議。

old mountainさん、pino worksさんやC&C.P.Hさんなど、たくさんのブランドから出ています。

いや、いっそ自分でなんとか真似て作ってみるか…?

たくさんあって悩んじゃいますねえ。

肘おき編

肘おきなんて…と侮ることなかれです。意外と肘、置いてますよ。

純正は細身の作りなので、不便ではないですが、細いです。

その肘おきをもう少し広げちゃおうってのがこちら。

OLD MOUNTAINさんのHIJIRAKU

これを装着はしてみたい。果たして本当に楽なのか試してみたい。

DEVISE WORKSさんとのコラボでHIJIWARUというものもありますが、

カッコ良過ぎて、肘おけません。

出典:devise works

サイドアイテム編

カーミットチェアの横部分に取り付けるアイテムも充実していますね。

できれば動きたくない…そんな楽をするためのアイテム。

BALLISTICS カーミットサイドボックス

出典:ballistics

これさえあれば、

「あれ、どこ行った?!」

なんて焦ることもなくなるでしょう。

この中に細々としたものをポイッと入れておけば万事OK。

しかもドリンクホルダーまでついているもんだから、飲み物を持ってちょっとゆったり過ごそうか…この一脚で済んでしまいます。

もう一つ。北陸の@inaeghtさんのones_table

出典:inavance

これ、標準装備?ってくらいしっくりとくる商品ですよね。

ドリンクホルダーのポジショニングがgoodで肘おいたちょうどその先にドリンクが…!のような完成度の高さ。

出典:devise works

色々なブランドとコラボしているものもあるようです。

個人的にはシンプルにオリジナルが欲しいところです。

higeo
higeo

まだまだ色々あるから本当に迷うよ。

その他に、NOVITAだったり、持ち手につけるバーパッドだったり…

色々考えるなあ。


どこから手をつけて行こうか

なんて色々と考えていては、結局オリジナルが良いんじゃないかなあなんて、終着点の見つからないことを考えているわけですが。

この中でも特に何からカスタムしていくかと言えば、やはりサイドアイテムですかね。

というのも、何より、いや、というか、キャンプギアってのはさ、

お値段怖め。

何をとっても高い。シート張り替えなんて下手すりゃもう1脚買えちゃうじゃん!

そんな豪快にいけませんよ。だって他にも欲しいものたくさんあるし…。

サイドアイテム系であればそんなに高くない!

お財布にも優しい!…くはないけど、ひとまずones_tableは欲しい!

てことで、ひとまずones_table購入までカスタム禁止!

ones_table購入したらカーミットチェアカスタム!(ones_table編)をお送りします。

それでは!

Let’s making custom chair!

コメント

タイトルとURLをコピーしました