ムーンライト2型×ムササビウィングでヘキサイーズ風を目指す。

レビュー

こんにちは、takaboyです。

久しぶりの更新となります。申し訳ございません、またボチボチ更新していきます。

新幕紹介とその理由。

今回は新幕を購入したので紹介したいと思います。

新幕と言ってもタープなんですが、こちらです。

テンマクデザインのムササビウイング13ft.TC焚き火バージョン。

いろいろ悩んだんですけどね、

スノーピークから出ているヘキサイーズに憧れて、

持っているテントと組み合わせてヘキサイーズ風にしてみたいと思い購入しました。

持っているテントは、モンベルのムーンライト2型。

ソロキャンプやちょっとしたデイキャンプ、大きなテントを建てるのがめんどくさい時、

すごく便利だなあと思って購入しました。

月明かりだけでも建てられる。という謳い文句のムーンライト。

設営はすぐにできるし、1人なら十分の大きさに、シンプルかつ歴史を感じさせるかっこよさ。

しかし。

いつも思うんですよね。

「前室がもう少し広かったらなあ」

「でもタープを張るほど広くなくていいんだよなあ」

「なんとかコイツを活かす幕ないかなあ」

と思い、ヘキサイーズ風にしようと思い購入しました。

早速試し張りへ

買っちゃうとすぐ張りたくなるこの衝動ってすごいです。

どこにでも行けちゃう気がします。

着弾して2日目。即試し張りへ。

箱の中身はこちら。

思ってた以上に黄色いな。

あと袋がなぜかメッシュ。奇抜なブルー

higeo
higeo

まあTCだし、メッシュの方が乾燥するんじゃ…

そして最近?流行りなのかな、取説なしなやつ。

まああんまり見ないし、いいか。

てことで早速広げちゃいましょう!

バサっと。
出典:tent-mark公式

この大きさがなかなか難しいんですよね。

ムーンライト2型の大きさはというと

出典:mont-bell公式

実はムーンライト2型って意外と大きいんですよね。

高さ、幅はなんとかなるとしても、長さが前室合わせると約3m。

ゆるキャン△で有名になった3型になると前後室合わせると約4m。

アニメでは意外と小さく描かれてて、

ソロには持ってこい!みたいな印象受けるかもしれませんが、

4mて結構大きいテントよ?

そんな話はさておき、

ムーンライト2型の長さが3m。

ムササビが3m90㎝。

1mくらいの前室が欲しかったので、ベストチョイス。

かと言って4×4とかのレクタタープだと、生地がたくさんある分かさばるし重い。

何より、ヘキサイーズ風を目指して。

とりあえず設営完了。しかし…

ムササビ、ムーンライト2型も設営。

試し張りなのに、泊まるんですか?の勢い。

正面から。
横から。
斜めから。
後ろから。

…かっこいいけど、なんか違う。

あれ?ムーンライト2型デカくない?

いや、タープ小さくない?

思っていた形ではない。

大体フライシートかけてない時点で、ピッタリハマってるって、

フライシートかけたらはみ出るじゃん。

なんかイメージと違ったので、フライシートをかけて後ろに出す戦法。

ん?
なんか。

ダサい。

べたっとテントにつけたくなくてサブポールつけてみたけど、

やっぱりダサい。

higeo
higeo

雨に打たれて崩壊しそう。

これはなし。別の方法を試そう。

横にずらしてみる。

もはや縦型のテントが間違っているような気がしてきた…。

ベストな張り方を目指して

ムーンライトのせいにしても仕方がない。

ヘキサイーズ風を目指して頑張るしかない。

なんか高くない?

ポールあげすぎなんじゃ…

ということで低く…

ムササビには前足を地につけてもらおう。

ロープを外し、直接ペグダウン。

ごちゃごちゃしてますが正面から。
チョイ尻尾が出ますがご愛嬌。

もしかしてこれかっこいいんじゃ…

あ、いいじゃない。

求めていた感。

完全に覆われている感。

そして前室も最初に張った感じよりも前に伸びているから広い。

ヘキサイーズのような大きな前室とまではいかないにしろ、

これはこれで、かっこいい。

これで冬キャンプの寒さにも耐えることができる…かな?

新幕、テンマクデザイン「ムササビウイング13ft.TC“焚き火ver”」

試行錯誤すること約3時間。ようやくたどり着いたヘキサイーズ風張り。

なかなかカッコよくできたので、ムーンライト1型、2型持っている方は是非。

月夜に飛び立つムササビ。

それでは!

Let’s go camping!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました